情報検索

情報検索を行うときは、どのような手順でおこなえばいいのか、また、検索の手がかりとなる検索語の選び方等、
情報検索の基礎について紹介します。

トップページイメージ
  1. OPAC
    OPAC(オーパック)とは、オンラインで検索できる図書館蔵書目録です。
    OPACの検索結果から図書や雑誌の所蔵情報等を確認できます。
  2. データベース
    あるテーマに関する情報を得たいとき、テーマに関するキーワード、著者、その他の関連語から検索し、
    情報収集の手助けをしてくれるのがデータベースです。
    日体大で契約しているデータベースと、無料で公開されているデータベースがあります。
    契約により、学内でのご利用となります。
  3. 電子ジャーナル
    図書館・研究室など学内の端末を利用して、雑誌の記事検索と論文全文の閲覧・複写が可能です。
  4. 新聞Web
    学内から利用できる主な新聞記事検索ツールとして、「朝日新聞」「毎日新聞」「読売新聞」のデータベース
    があります。
  5. ジャパンナレッジプラス
    百科事典・辞書・ニュース・学術サイトURL集などを一括検索できるデータベースです。

情報検索の必要性

講義の中で出されたレポート等を書くために皆さんはどこから情報を探しますか?

なんとなくインターネットを検索したり、図書館の書架棚を見て回ったりしていませんか?

やみくもに探すだけでは十分な情報を得ることはできないでしょう。

自分が必要とする情報がどこにあるか探し出し、入手する技術が必要です。

検索ツールの選択

何でも探せる万能ツールはありません。目的にあったツールを選択する必要があります。

どのような流れで情報検索をおこなえばいいのか、下記の図で確認して下さい。
適切な結果を得るためには、ツールの選択とキーワードの決定など事前の準備が不可欠です。

このページのトップへ